top of page

【薬機法対策】健康食品・サプリメントの広告規制でお悩みの事業者様へ

今、健康食品・サプリメントがどんどん売りづらくなっています。


✅ インターネットで健康食品を売りたい。

✅ もっと多くの人に商品の良さを知って欲しい。


それなのに、次から次へと行政が法規制で縛りをかけてきます。

これでは、どんなにいい商品でもその良さを伝えることができません。


実際に、下記のような広告方法が規制対象になっています。


  1. 製品の容器、包装、添付文書などの表示物

  2. 製品のチラシ、パンフレット等

  3. テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなどによる製品の広告

  4. 小冊子、書籍

  5. 会員誌、情報誌

  6. 新聞、雑誌などの切り抜き、書籍や学術論文等の抜粋

  7. 代理店、販売店に教育用と称して配布される商品説明(関連)資料

  8. 使用経験者の感謝文、体験談集

  9. 店内および車内等におけるつり広告

  10. 店頭、訪問先、説明会、相談会、キャッチセールス等においてスライド、ビデオ等又は口頭で行われる演述等

  11. その他特定商品の販売に関連して利用される前記に準ずるもの

これでは、何も打つ手がないんじゃないか?

そう思われるかもしれませんが、そんなことはありません。


薬機法をクリアできる表現方法を

「知っているか・知らないか」の違いで、表現できることが変わってきます。


弊社では、代表の私が薬機法管理者資格をもちコンサルティングにあたっております。

御社の商品の良さを引き出すSEOと合わせてご提案できます。


こんな時代だからこそ、Webマーケティングをビジネスに活かしていただきたい。

そんな思いで14年間Web事業をいたしております。


健康食品・サプリメントのマーケティングでお悩みの事業者様、ぜひご相談ください。



















タグ:

閲覧数:46回

Comments


bottom of page