top of page

Wix &さくらサーバでGmail宛に送信したメールがエラーで届かない場合の対処方法

こんにちは、Web Aqua合同会社 日向 凛です。


最近、Gmail宛に送信したメールがエラーになって届かないことが増えています。

これらは、Gmailのセキュリティ強化に伴い「なりすまし」の疑いでエラーにされている可能性が高いといわれています。


このエラーを回避するにはSPFレコード設定をすることが有効です。


弊社ではドメイン接続を Wix のネームサーバに、メールサーバをさくらインターネットに設定することを推奨しております。下記に設定方法を解説いたしますので、同様の現象でお困りの方はお試しください。



SPF(Sender Policy Framework)レコードとは


さくらインターネットのカスタマーセンターによると、SPFレコードとは送信されたメールが「なりすまし」かどうかを判別するために設定しておく仕組みです。


たとえば、A社のSPFレコードにA社のメールアドレスドメインである「www1111.sakura.ne.jp」を設定しておくとします。


A社の社員が送信したメールなら当然「www1111.sakura.ne.jp」サーバからの送信になります。SPFレコードの設定と一致するので正当なものであるとわかります。


一方、悪意の第三者がA社の社員のふりをしてメールを送信する場合「www1111.sakura.ne.jp」ではないメールサーバからの送信になります。

SPFレコードとは一致しないため「なりすまし」と考えることができます。

メールアドレスは偽装できても、メールサーバを偽ることはできないのですね。


インターネット電子メールの送受信において送信者のドメインの偽称を防ぎ、正当性を検証する仕組みの一つです。
送信元メールアドレスドメインのSPFレコードと、実際にメール送信を実施したサーバー情報を見比べる事で「なりすましメール」の可能性を確認します。

さくらインターネットより引用:https://help.sakura.ad.jp/notification/n-2595/



Wix &さくらサーバ SPFレコード設定方法


ドメイン接続を Wix のネームサーバに、メールサーバをさくらインターネットにしている場合の設定方法をご紹介します。



Wix ダッシュボード 設定ホーム画面

ダッシュボードで「設定」→「ドメイン」とクリックします。


Wix ダッシュボード ドメインを管理画面

ドメイン管理で「DNSレコードを管理」をクリックします。


Wix ダッシュボード TXTレコードを追加画面

TXT(テキスト)の「レコードを追加」をクリックします。



Wix ダッシュボード SPFレコード追加画面

[値]にSPFレコードを入力し「保存」をクリックして完了です。


SPFレコードは


v=spf1 a:www***.sakura.ne.jp mx ~all

v=spf1 +a:www***.sakura.ne.jp mx ~all


+は省略可能なので、どちらの記述でも問題ありません。

***は利用中のサーバホスト名が入ります。



SPFレコードの記述が正しいか確認するには、下記のサイトが参考になります。



タグ:

閲覧数:2,368回
bottom of page